あやラボ 第3回目【今後の進み方とプロ意識、「新しい自分に変わる」ことへの恐れ】

あやラボ

2021年10月27日水曜日に鎌倉の材木座で開催された、大塚あやこさん(あやさん)主催の「AyaLabo(あやラボ)-ビーチクラブ-」の第3回目を振り返ってみたいと思います。

今回は、メンバーそれぞれの進み方について、あやさんより具体的なアドバイスやご提案がありました。(具体的な内容だったので、こちらの内容は少なめです。)

後半のあやさんのセッションでは、「新しい自分に変わる」ことの恐れについて、自分の中でも気付きがありました。(今回はこちらの内容がメインです。)

それぞれの今後の進み方と、プロ意識

毎回そうなのですが、まず5人のメンバーがそれぞれ、前回からどんな変化や動きがあったのかを報告。そして、それぞれの進み方について、あやさんよりアドバイスやご提案があるのですが、今回は前回までより具体的な内容でした。

詳細は書きませんが、「どうすれば、欲しい人に刺さるのか?」「どんな言葉で伝えたらいいのか?」などなど、盛りだくさん。なるほど!の連続。他の方へのアドバイスも、とても参考になります。形ある物を売りたい方も、目には見えないサービスも、誰かに自分の思い届けたい、そして、喜んでもらいたい気持ちは同じ。

「発信すると、届く人がいる。自分の思い入れがあることほど、人に届く。それが、好きなことがお金になる、ということ。」と、あやさん。 

みんなの「これから」が、すごくキラキラして見えました。そしてきっと、わたしの「これから」もキラキラしてるはず。

そして個人的には、あやさんからのアドバイスを聞いて、「プロとしてやっていくとは、こういうことなんだな」という深い納得感があり、「この先、プロとしてやっていくんだな」という意識が深まりました。

「新しい自分に変わる」ことへの恐れ

後半は、前回と同じくメンバーの一人の方をあやさんがセッションする形で進みました。セッションが終わって、「わたしも同じように感じていたんだな」と気付き、涙してしまいました。ここからはセッションを見て、わたしが感じたことを書きます。

前に進んでいるとき、やりたいことに向かって進んでいるとき、今までの自分ではなくなってしまうような感覚に襲われることがあります。周りの人が、仲間が、「変わっちゃったね。前のあなたじゃ、なくなっちゃったんだね。」と言って、離れていってしまうような気がする怖さ。みんなと同じ場所にいられなくなるような、不安。

セッションを受けていた方も、同じようなことをおっしゃってました。でも、こちらから見たら、「キラキラしたあなたを見たい!」なんですよね。「わたしがやりたいようにやると、仲間が離れていく。」なんて言われる方が、とても悲しい。

ビリーフリセット・リーダーズ講座(BLC)の中でも、投影と抑圧、ゴールデンシャドウの講義の中で「人間は、自分の力と輝きが怖い」というお話がありました。本当の自分はすごいパワーで輝いているのに、それを出すのが怖くて、抑圧している。なぜかというと、子供の頃、親に、ありのままの自分を怒られたから。「すごい自分じゃいけない。」って、思って生きている。

でも、「一生、このままでいいの?」って、思いますよね。セッションを受けていた方からも、この言葉がでてきました。せっかく、現世、この自分で生まれてきたのに。自分の輝きを自分で押さえ込んだまま、終わりたくないですよね。

わたしの好きな本に、そのことを的確に書かれているところがあるので、ご紹介したいと思います。

我々が最も恐れているもの、それは自分が無力だということではない。
我々が最も恐れているもの、それは、自分には計り知れない力がある、ということだ。
我々が最も恐れるもの、それは我々の光であって、闇ではない。
我々は自分に問いかける。
自分ごときが賢く、美しく、才能にあふれた素晴らしい人物であろうはずがないではないか?
だが、そうであってはなぜいけない?
あなたは神の子である。
あなたが遠慮しても世界の役には立たない。
周りの人が気後れしないようにとあなたが身を縮めることは何の美徳でもない。
我々は、自らの内にある神の栄光を現すために生まれてきたのだ。
そしてそれは限られた人々のものではなく、すべての人の内にある!
我々が自らの内にある光を輝かせるとき、
無意識のうちに他者に対しても同様のことを許している。
我々が自分の持つ恐れから自らを解放するとき、我々の存在は同時に他者をも解放する。
ネルソン・マンデラ ―大統領就任演説、1994年

魂からの癒し チャクラ・ヒーリング (ブレンダ・デーヴィス,三木直子 (訳))より引用

輝きは、すべての人の中にある。

自分の中の輝きも、周りの人たちの輝きも、これからもっともっと見ていきたいと、今改めて感じました。わたしがこれからの人生でやりたいのは、これなんだなぁ、と。

いよいよ明日、あやラボ、最終日。楽しんできたいと思います!

 

*** この記事は過去にnoteに公開していた記事を転載したものです ***

コメント

タイトルとURLをコピーしました