ズレててもいい。本当の自分で生きはじめると、本当のわたしと繋がってくれる人が現れる。その安心感で、心が満たされる。

わたしのこと

わたしは2021年の春から今まで約二年間、心の学びを続けてきたのですが、

今、振り返ると、ずっと無意識に、

「ちゃんと、がんばらなきゃ」

「うまくみんなに合わせなきゃ」

「へんなことしたり、言ったりしちゃいけない」

「波風立てるなんて、とんでもない」

「人とズレている自分は隠して当然、大人なんだから」

というような意識を、ずっと持っていたように思います。

それは当然、心の学びをする前から、ずっと持っていた意識なのですが。

 

やっとここ最近、もうこれ、やめよう、と思えるようになりました。

そのままの自分でいこう。

「本当の自分を隠して、人に合わせて生きる人生に、何の意味がある?」と。

 

意識がふわっと、ほどけてきました。

その理由は、前回の記事に書いたように、やっぱり無理をするのは窮屈で苦しく、

本来の心地いい道からどんどんズレて苦しくなっていく、ということ。

 

そしてもう一つ感じるのは、

本当の自分で生きるようになると、「そのままがいいよ」と言ってくれる人や、

本当のわたしと繋がってくれる人がいる、ということに気付いたからです。

 

人と違うことをするのは怖いです。

自分だけ、道をはみ出すのは怖いです。

「一人になっちゃうんじゃないか?」

「孤独になっちゃうんじゃないか?」

「みんなに変な目で見られるんじゃないか?」

という不安が襲ってくることもあったし、今も、不安になることがあります。

 

でも、本当の自分を生き始めることによって、

本当のわたしを認めてくれる人や、本当のわたしと繋がってくれる人と、出会えるようになりました。

出会えるというより、今まで周りにいた人と、また新しく出会い直すような感覚。

そういう人がいてくれるのは、言葉では言い表せないような、安心感があります。

 

わたしが本心を言うことによって、そして本心で動くことによって、

「うん、それでいいよ」と言ってくれたり、

「その気持ち、わかるよ」と言ってくれたりする人が、ひょこっと現れる。

 

本当のわたしを、許してくれるんだ。

本当のわたしを、わかってくれるんだ。

この人も、同じように感じてるんだ。

このホッとする感覚って、やっぱり勇気を出して本当の自分を見せないと、味わえないと思います。

 

そして、不思議なことに、本当の自分で生きるようになればなるほど、新しく出会う人も、自分に合う人ばかりになってきます。

これは本当に、不思議!

「とことん自分を貫いててかっこいいな」と思える人とか、

「ぶっ飛んでておもしろい!」と思える人とか。

やっぱり、わたしは、個性的で、変わっている人が好きなんですね。笑

実際に会ったことがある人じゃなくても、本や、オンラインでゆるく繋がれる仲間たち、絵本作家さん、SNSで見かけた見知らぬおじさん笑、など。

心ときめく、わくわくさせてくれる発信や、おもしろい生き方をしている人に、どんどん出会えるようになりました。

 

二年間学んで、はじめに描いていたところには辿り着けなかったけど、

今、それ以上の場所にいるような、そんな気もしています。

そもそも描いていたところは、枠におさまっている自分だったのかもしれません。

誰かのように、なりたかった。

そしてやっぱり、「普通」になりたかった。笑

 

でも今は、自分を貫く自分こそ、いいんだ!と胸を張れるようになりました。

わたしは、わたしのままでいい。

そして、どんなにあがいても、やっぱりわたしはわたしでしかなかった、ということです。笑

もう、開き直っちゃえばいいんですよね。

そのままの、ありのままの自分を認められるのは、すがすがしいです。

ほんとに、それだけなんです。

どんな自分であっても、今の自分を、今、認めてあげたらいいだけ、なんです。

 

この二年間の学び、経験、たくさんの方との出会いがあったからこそ、ここまでたどり着けたと思っています。

わたしと関わってくれた方たち、そしてわたしのセッションを受けてくださった方たち、本当にありがとうございました。

みなさんの優しさ、あたたかさが、本当にうれしかったです。

そして誰よりも、ここまで来てくれた自分に、心からありがとう、と言いたいです。

 

このあとは、今週末、講座のサポートを残すのみ。

あと少し、がんばりたいと思います^^

 

  

タイトルとURLをコピーしました