ネガティブな感情は、自分の本当の気持ちをわかってあげるきっかけになる。そこから深い癒やしに繋がる。

心の癒やし

前回の投稿から一か月以上経ってしまいました。

振り返れば・・7月の安倍元首相の事件をきっかけに、自分の中からドロドロした感情や、怒りや、まあ、いろいろなものがどっさりと出てきました。

あの事件自体がどうこうということではなく、ただただわたしの中の何かに反応した、ということです。

 

今回、改めて深く感じたのは。

自分の中からネガティブな感情が出てきたとき、じっくりとその感情を感じて、自分の中の本当の気持ちを、深く深く見ていくことが、癒やしに繋がるんだなあと。

この作業をしないと、結局また、同じことの繰り返し。

目の前に起こる出来事に反応して、自分の中で同じストーリーが何度でも繰り返し繰り返し起こります。

ネガティブな感情の奥にある本当の気持ちは、とてもシンプルです。

 

「一人になるのが怖い」とか。

「本当は愛されたかった」とか。

 

今回わたしの奥からは、この気持ちが出てきました。

こうやって書いてみると、本当に当たり前のような・・シンプルな言葉なのですが。

これがずどーんと腹落ちすると、涙が止まらなくなりました。

 

ネガティブな感情の奥。

向き合うのはとっても苦しいし、勇気がいることかもしれません。

でも、自分の気持ちをわかってあげられるのは、自分しかいないんですよね。

 

わかってあげられると、癒やしが起こります。

そして、「本当はこれが怖かったんだなあ」ということがわかると、もう怖くなくなります。

見ないから、わからないから、怖いんです。

 

ネガティブな感情は苦しいですが・・しっかりと向き合ってあげると、深い癒やしに繋がる。

そして、そこからまた一つ軽くなって、生きやすくなる。

これがわかると、ネガティブな感情も悪くないなあ、と思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました