敏感な人は、鈍感な人に合わせなくていい。ほんとにもう、合わせなくていいんです。

HSP・繊細さん、エンパス

敏感で、繊細で、いわゆるHSPや繊細さんといわれる人、エンパスの人というのは、この世界では少数派です。

「みんなと同じ」ではない。

なので、今までは、その性質をないことにしたり、押し込んだり、ダメなものだと思い込んだり・・

多くの方が、そういう風に自分のことを扱ってきてしまったかもしれません。

 

わたし自身がそうでした。

「わたしはなんでも気にしすぎる。気にしちゃダメ。」

「みんなと同じように感じられないわたしは、おかしいんだ。」

「なんでわたしは、いつもちょっとしたことでこんなに疲れるんだろう?」

「こんな自分は、隠さなきゃいけない。」

「わたしって本当に面倒くさい。」

「こんな自分を見せると、変な人だと思われる。嫌われる。居場所がなくなる・・。」

・・・

 

そして、HSPは良心的な人が多いといわれています。

例えば、「気にしすぎだよ」という他人の言葉を(今まで何度言われてきたことか・・)素直に、まるっと飲み込んで、

「自分がおかしいんだ」

「人と同じように感じない自分が間違っているんだ」

「みんなと感覚がずれている自分が悪いんだ」と、

自分を責め続けて、生きてきてしまった方も多いんじゃないかと思います。

そして、いつも人に合わせて無理して頑張って生きてきて、ヘトヘトになっている方も多いんじゃないでしょうか・・。

それはもう、やめていいと思います。

他人の言葉は、もう真に受けなくていいと思います。

ほんとにもう、人に合わせなくていいんです。

 

少数派だからと言って、

その性質を、ないことにしたり隠したり押し込んだりする必要は全くない。

絶対にそんな必要はないし、むしろその性質は、大切にするべきだと思います。

実際その性質は、素晴らしいものなんだから。

 

ありのままの自分を認めて、ありのままの自分を大切にしてあげる。

心に蓋をせず、いろんなことを感じて、その感性をどんどん磨いて、

思い切りやりたいことをやって、たくさん幸せを感じて・・・

些細なことでも、たくさん幸せを感じ取ることができるはずです。

そういうものをたくさん見つけて、たくさん自分を幸せにしてあげてください。

(ちなみにわたしは、今さらですがすみっコぐらしにハマっています笑、かわいすぎます。。仲間になりたい。。)

 

そして、やりたくないことは、やらなくてもいい。

心地が悪いと感じるものからは、離れてもいい。

心を閉ざしたい時には、閉ざしてもいい。(武田友紀さんの本で好きなフレーズ。)

逃げてもいい。

そして、そういう自分を責めなくていい。

 

そうやって少しずつ、心と体が満たされて、心地よく過ごしていると、

自然にふんわりと、唯一無二の、優しい花が咲いていくのだと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました