他人と勝負すると、圧倒的に不自由になる。過去の自分を癒やしてあげて、自由に生きる。

自分軸/自分のペースで生きる

わたしたちは小さいころから当たり前のように、他者との比較・競争の世界で生きてきました。

きょうだいがいると、きょうだいと比べられて。

学校に行くと同級生となんでも比べられて、順位までつけられて。

会社に入ると、今度は同僚。評価だの、昇給だの、昇格だの・・。。

 

「他人に勝つ」ことが、自分の価値であるかのような価値観が、染み込んでしまっています。

勝てば、褒められる。

勝てば、認められる。

勝てば、愛される。

勝てば、居場所がある・・・。

 

じゃあ、負けると・・?

負けると、がっかりされる。

負けると、認めてもらえない。

負けると、愛されない。

負けると、居場所がなくなる・・・。

 

こういう考えが、潜在意識に染み込んでしまっていて、どうしても他者との比較がやめられなかったり、無意識に勝負してしまっていると思います。

勝負する必要のないところでも、いつのまにか無意識に勝敗を意識してしまっていたり。

 

勝つだの負けるだの・・・・・。

勝っただの負けただの・・・・・。

 

これってほんとうに、疲れるし、不自由になるし、全然いいことないんですよね。

なぜかというと、「勝つために」「負けないために」動いてしまうから。

自分の「やりたい」で動けなくなります。

 

そして考えたいのが、さっき書いた「負けると・・」の続き。

負けると、がっかりされる。

負けると、認めてもらえない。

負けると、愛されない。

負けると、居場所がなくなる・・・。

 

これって、本当・・?

てゆうか、そもそも誰が「負けた」って決めてるかっていうと・・。

自分だけだったりする。笑

勝手にやってる、自作自演のストーリー。

 

昔は、幼少期は、やっぱり親に、がっかりされるのが、いやだった。

だから、こんなにも負けることが嫌で嫌でたまらなくなっているのだけど。

 

でも今、親、見てる?

だいたいの場合は、親を誰かに投影してしまっている。

上司とか、先生とか、尊敬する人とか、好きな人とか、そういう人。

過去の傷付いた自分が、まだいるから、いつまでも誰かに親を投影して、そのストーリーに飲み込まれてしまう。

 

だから、過去の自分に、みじめな思いをしてしまった自分に、

「精一杯、がんばってくれて、ありがとう」と言って、癒やしてあげることが大切だと思います。

 

だいたいの場合、わたしたちは失敗してしまった過去の自分を、責め続けています。

「なんであの時失敗したの?」とか。

「なんでうまくできなかったの?」とか。

 

でも、その時の自分は、その時、精一杯、がんばったんです。

だから、認めてあげる。褒めてあげる。

「がんばってくれて、ありがとう」って言ってあげる。

「いままで責めて、ごめんね」って言ってあげる。

それができるのは、自分しかいません。 

 

意味のない勝負は、本当に人生を不自由にさせる。

比較・競争の幻想ストーリーから目覚めて、自由にのびのび生きたいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました