好きなものは素直に好きとさっさと認めたほうがいい。ものも、人も、なんでも。

自分軸/自分のペースで生きる

人間というのは複雑な生きもので、なかなか好きなものや好きなことを素直に「好き」と認められないことが多いように思います。

素直になったほうが絶対に幸せなのに・・。

意地を張ったり、他人の目を気にしたり、周りに合わせたり、逆に「みんなと一緒はいやだ!」とか思ったり、カッコつけたり・・。

複雑ですねえ。。

 

子供のころは、なにに対しても心を思いっきり開いて、ドキドキ、わくわく、していたのに。

大人になると、なかかなそうはいかなくなります。

 

なぜかというと、やっぱり傷付いた体験が、そうさせてしまうのかなあと。

誰かや何かを純粋に好きになったことによって、何らかの理由で傷付いたから、「好きじゃない!」と好きな気持ちを抑え込む。

好きな人に、思ったように愛をもらえなかったり、

好きなことを誰かに馬鹿にされたり、認めてもらえなかったり。

そうして、好きだった気持ちをないことにしてしまって・・抑えて、抑えて、

いつの間にか、好きだったことすら、忘れてしまっていたりします。

 

子供のころ、好きだった人は誰でしょうか。

好きだったことは何でしょうか。

何にときめいていたのでしょうか・・。

 

誰を好きだったかというと、それはもちろん、親だったり、きょうだいだったり、するのですが。

複雑な家庭環境に生まれ育った方は、なかなか素直に認められませんよね。

わたしも、つい最近まで、認められませんでした。

でも、一年半、じっくりじっくり家族との関係を見直していくことで、

「ああ、わたしは、お父さんも、お母さんも、兄も、妹も、大好きだったんだなあ」と、思うことができるようになりました。

 

そうするとどうなるかというと・・、圧倒的に、周りの人との関係が楽になります。

誰のことも怖くなくなってきます。

ただ、ありのままの「その人」として見ることができるようになってきます。

 

周りの人を見ていても、やっぱり素直な人にはかなわないなあ~と思います。

素敵ですよね。まぶしいですよね。

わたしなんかは、超ひねくれ女なので、やっと、家族を好きだったんだと素直に認められるようになってきました。笑

 

でも、本当に楽です。

好きな人を、好きなものを、素直に好きだと認めることは。

好きな人や、好きなものが多いほうが、絶対人生楽しいですものね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました