「あの人が大切にしてくれない」のは、自分を大切にしていないから。現実はすべて自分の内側を映し出している。

人間関係のお悩み

先日の記事のパート2です。

人間関係でのお悩みで、「人が〇〇してくれない」というのもよくあるパターンじゃないかなと思います。

 

「優しくしてほしい」

「わたしのことをもっと気にかけてほしい」

「もっと大切にしてほしい」・・などなど。

 

こちらにももれなく、先日の記事で出てきた投影の三角形が当てはまります。

投影の三角形とは、「自分が他人を」「他人が自分を」「自分が自分を」この3つを全部等しく認知することを言います。

投影の三角形

 

「優しくしてほしい」と思うとき、自分に優しくできていますか?

「もっと気にかけてほしい」と思うとき、自分のことを気にかけてあげられていますか?

「大切にしてほしい」と思うとき、自分で自分のことを、本気で大切にしてあげていますか?

 

もちろん、この場合も「自分が他人に」にも当てはまりますが、

この場合は、「自分で自分に」のところに気づいてあげるだけで、じゅうぶんです。

 

不足感を感じるとき、自分が満たされることが第一です。

自分が満たされていないと、他人に与えることはできません。

 

「〇〇してほしい!」って思うとき、人にやってもらおうとするんじゃなくて、

まずは「自分にしてあげられてるかな?」って考えてみるといいと思います。

自分を本当の意味で満たしてあげられるのは、自分しかいません。

たとえ一時的に他人に満たしてもらったとしても、また次も、次も・・と求めてしまい、枯渇感は消えません。

 

自分との対話の時間を持って、じっくりとわかってあげることから、はじめたいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました